漂流する心

アートに関することを気まぐれに書いています。

トーハクに行ってきた。
狩野永徳の檜図屏風がお目当てである。

修復後初のお披露目だそうだ。
近くで見ると、その筆さばきの豪快さにホレボレする。
離れて見れば、そのオーラに圧倒される。

当時の絵師たちは、注文主たる権力者の好みに沿わないと命の危険があった。
加えて、大量の注文、弟子達やら家門やらへの責任など、永徳さんも大変気苦労が多かったことだろう。

ライバル長谷川等伯が期待をかけていた跡取り息子を亡くしてしまったのも悲劇だが、
永徳の過労死も悲劇だ。

今日では注文主の意向に沿った絵は堕落と考える人もいるかもしれないが、
注文主の審美眼や、画家の技量によって、優れた作品は幾らでも生まれてくると思う。

結局、どれだけ仕事に真剣に取り組むかが、大事なのだ。

売れっ子作家を「売れ線」といって揶揄する人々がいる。
創作者Kはそれに対して「売れ線」の何がいけないのかと思うのであった。

そもそも、巨匠と呼ばれる人のほとんどは、まさに「売れ線」を徹底的に追求しているではないか。
売れ続ける仕事をすることがいかに大変か。
売れ線=迎合とは違うのだ。
受け手にどのように自分のメッセージを伝えるか、
そのためには受け手の側の立場にたってみることも大切なのだ。
いくらいい仕事をしても、受け手が興味を示さなければ、肝心のメッセージも伝わることはない。

優れた作家と凡庸な作家との違いのひとつが、
自らの「独りよがり」に気づくかどうかであると創作者Kは思っている。

ターゲットとするユーザーが美の素人集団であるか、審美眼のある集団か、権力集団か、未来の人々か・・・
それにより、「売れ線」の性格も異なってくるだろう。

どの集団をターゲットとするか、それは、その作家の力量に比例すると創作者Kは予想している。

海外に文化財が流出していると嘆く人がいる。
創作者Kはむしろ、それでよいと歓迎している。

なぜなら、そのお陰で、優れた作品が世界中に知れるきっかけになったし、
地震大国日本で、文化財が被災して失われた場合、
同一作品ではないにしても、他の傑作は海外で生き延びられるからだ。

それに、日本人が自国文化を大切にせず、その良さを理解した海外の人々が購入し
優れた文化が海外の人々によって生き延びたといえるからだ。

日本人も自国文化に誇りをもち、輸出品として流通させ国際交流の証としての流出もある。
優れた作品は、国内で死蔵するのではなく、広く世界に発信すること、
優れた芸術作品は、広く世界に流通させることが大切だと創作者kは確信している。

なぜなら、国内で理解されなくても、世界で理解されること、それが普遍性をもった優れた作品の証だから。

世界で通用せず、国内のみで流通するものもあってもいいけれど、
その場合は、国内が審美眼が高ければの話。
残念ながら、自国内にしか目がいかないものはおごりや自己満足に陥りやすい。

↑このページのトップヘ